ブログ

肩凝り解消方法!

本日のブログは八田が担当させていただきます。

 

いよいよ明日からは今年最後の月を迎えますね!

外はすでに冬景色になっていますが、体調など崩さずにお過ごしでしょうか?

 

今回は肩凝りについて話していきたいと思います。

 

現在、日本人の3人に1人が肩凝りの自覚症状があると言われています。

これほど多くの方が抱えている肩凝りはなぜ起きるのか、どうすれば解消されるのかをお伝えしようと思います。

 

毎週マッサージに行ってるけど少ししたらまた元に戻る・・・

というお客様の声を聴くことは非常に多いです。

なぜ良くならないかというと・・・整体やマッサージに行っただけでは、その時に筋肉がほぐれて少し楽になるだけで

肝心な姿勢は改善されない為に、またすぐに元に戻ってしまうのです。

 

肩凝りは、「姿勢の乱れ」が大きな原因の一つです。

 

特に猫背の方は肩甲骨が正しいポジションではなく、正しいポジションより外に離れてしまいます。

肩甲骨が離れ、猫背の姿勢が普通だと思い込んでしまっている方は非常に多いです。

 

猫背姿勢になってしまうと、背中の筋肉が固まりやすくなってしまい、その結果肩凝りが起きてしまうのです。

そこでみなさんの肩甲骨のポジションはどこになっているのかチェックしてみましょう!

 

 

18ef0ca7b6891d53e9e5237861a2c6cc_ink_ink_li

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しいと言われているポジションは、背骨と肩甲骨の内側が指三本分になっているかどうかです!

指が4本、5本入ってしまう方は肩甲骨が正しくないポジションになってしまっているという事です。

 

他にも原因はありますが、先程もお伝えしたように、大きな原因は肩甲骨が正しいポジションにあるかどうかなのです!

 

それでは肩凝りの解消をするために何を行った方が良いかといいますと、「ストレッチ」&「トレーニング」なのです!

そこで、今回は家でもできる簡単なストレッチとトレーニングをお伝えしたいと思います。

 

ストレッチは、猫背の方が硬くなりやすい胸周りのストレッチを!

 

 

img_4276img_4277

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーニングは、肩甲骨を元の位置に戻すのに必要な背中周りのトレーニングを行う必要があります。

 

 

 

img_4269img_4266

 

 

img_4267unnamed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中のトレーニングは手を上げた状態から、肘をしっかりと開き、肘を下げた時に肩甲骨を出来る限り寄せます。

肩甲骨を大きく動かすのがポイントです!

 

 

トレーニングもストレッチもただやるだけではなく、どこを使っているのか、どこが伸びているのかを意識することが非常に大切です。

ストレッチは30秒、トレーニングは15回を目標に頑張ってみて下さい!

 

もっと細かく知りたいという方は、お店のスタッフまでお聞きください(^^)/

 

 

それではまた

 

 

 

八田駿介

PAGETOP