ブログ

貧血とタンニン酸

こんにちは^^
とても肌寒くなりました。わたしも自転車通勤で重ね着が重要になって参りました。

 

こんな肌寒い時期に冷え性+貧血気味ともなるとスッキリ活動出来ない事も増えてきてしまいますよね(-_-;)

冷え性と共に、貧血も『体質だから…』と投げやりになってはいませんか!?
実は、普段のある習慣から招いてしまっているのかもしれませんのです!

DSCF3023

寒いなーと思って朝起きてすぐ、温かい飲み物を欲してコーヒーを飲むのが習慣化している方、多いのではないでしょうか。
コーヒーに含まれるタンニン酸という成分がせっかく意識して鉄分の多い食材や鉄材をとりいれたとしても、吸収を阻害してしまう
つまり、貧血の原因になってしまっていたかもしれないのです。
タンニン酸は緑茶や紅茶などにも多く含まれております。

貧血の症状で体調がすぐれない時などは特に、なるべくお食事の前後1時間ほどは取らない方が良いようです

 

その代わりに、
ほうじ茶・ルイボスティー・玄米茶・麦茶などは含有料が少ないようなのでティーパックなどをストックしておくといいかもしれませんね♪

…と、最近わたしが医療関係者からご指摘を受けたのでこの場をお借りして
シェアします!笑

何気ない習慣が本当にカラダをつくっているのですね。
関係あるのかはわかりませんが、最近たまたま足を運んだ『大戸屋』さんが食後に出してくるのはほうじ茶でした。。

 

特に女性の場合は月経などもあり鉄の排出量が男性よりも多く、現代ではなんと20代~40代の女性3人に1人が鉄欠乏にあることがわかっています。
ランニング愛好家の方なども、足の裏の衝撃からなる『溶血性貧血』などもあります。

それに加えてダイエットだから…という目的でベジタリアンな食習慣ともなると、
鉄不足はもとより、貯蔵鉄であるフェリチンも欠乏し事態は深刻化してしまいます。

 

その時その時の体調の変化にもしっかりと目を向けながら摂り入れるものをセレクトしてみてください^^

 

吉村

 

PAGETOP