ブログ

夏・水分

いやー暑いですね!
気温に加え、湿度も上がり汗がかきやすくなっていますが
皆様、どうお過ごしでしょうか。
お久しぶりです!本日の担当は谷口が担当致します。
DSCF2351

 

 

DSCF2333

 

 

DSCF2352

 

 

 

 

本日は、BODY LOGIC以外のお仕事も紹介させて頂きます。
私は、北海道テニス協会ジュニア強化委員として週1回行われている
ジュニア強化練習会のサポートもさせて頂いております。
上の写真はその一コマです。

練習前には当施設で行っているようなウォーミングアップやトレーニングを行っています。
目的は異なるかもしれませんが、カラダを効率よく動かすという部分では共通しています。

さて、長い前置きでしたが本題に入りましょう。
本日はズバリ水分補給についてです。
この時期は、脱水や塩分の損失によって熱中症が問題になります。
水分と塩分が損失することにより、痙攣や頭痛、寒気、最悪の場合には死に至る事もあります。

人間の水分は体重の約60%と言われています。
体重の2%の水分が失われるとパフォーマンスは低下し、5%の脱水でパフォーマンスが約30%低下すると言われています。

そこで、練習会では練習前と練習後に体重測定を行い選手自身が摂取した水分量を記録しています。
アドバイスとしては「15分~20分置きにコップ一杯ぶんの水分摂取を」選手に伝えています。

当施設でも小まめな水分補給をお声掛けさせて頂いております。
安全面、トレーニング効率の面からも水分補給は大切になります。
水分が不足すると血液がドロドロになりやすく、心臓に負担がかかりやすくなり血行の悪化も考えられます。
汗も出にくくなるので代謝も低下も考えられます。

水分補給を「補う」ではなく「保つ」という字を当て
水分保給という話も伺った事があります。

健康面・美容面から考えても水分補給は重要ですね。
喉が渇く前の水分摂取がキーワードです。

充分な栄養と休養、適度な運動で体調を整え夏を乗り越えましょう!

PAGETOP