ブログ

ラクトアイス

 こんにちは、吉村です^^

 

最近、教員をなさっている方と小学校の給食の話になりまして、、
私が小学生のころにもよく出ていた「ラクトアイス」は、今給食に出さないようにしているそうなんです(゜゜)!!

 

よく100円アイスとしてコンビニなどでも見受けられるラクトアイス。
お客様からもカウンセリング時などに『ラクトアイスってあまり良くないんだよね?』とよく聞かれます。

 

良くないのはよく耳にするけど何がちがうの?と思っている方がほとんどだとゆう事とさせていただき、説明していきますね^^

 

 

__ 1

 

 

 

 

 

 

スーパーやコンビニなどに並べられているアイスクリーム類は、
《アイスクリーム》、《アイスミルク》、《ラクトアイス》の3種類に分けられています。

 

 

ざっくり言いますと…

 

《アイスクリーム》と明記されているものは、乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれていて栄養的にも優れています。ハーゲンダッツなど代表的ですよね。
 (乳脂肪分15・0%以上、そのうち8.0%以上含まれる)

 

一方、《アイスミルク》は栄養価は牛乳と同じくらいで、乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームにくらべると少ないです。植物性脂肪が含まれているものもあります。
 (乳脂肪分8.0%以上、そのうち乳脂肪分が3.0%以上含まれているもの)

 

そしてそしてラクトアイスは乳固形分がさらに少なく、植物性脂肪が多く使われています!
 (乳脂肪分3.0パーセント以上、8.0未満)

いっけん、植物性という響きからヘルシーな印象を受けるかもしれないですが。。
じつは!!
同じ分量でもラクトアイスの方がカロリーも高いうえ、
牛乳のかわりにパーム油やヤシ硬化油などといった「人工的な飽和脂肪酸・トランス型脂肪酸」が多く含まれるものなのでアイスクリーム風の食べ物といっても過言ではないものであります。

 

「飽和脂肪酸・トランス型脂肪酸」などといった油の種類はそれぞれに特徴があるのですがざっくり言いますと、常温で固体を保てる油で、人の体温でも溶けにくく血中コレステロール値を上昇させ、脳にも良くない影響を及し学習能力が低下するとの研究結果もでているのです\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダレ?

 

かといって、お肉や乳製品などにも少量の天然由来の飽和脂肪酸とやトランス型脂肪酸が含まれています。
これらの食品はとても大切で効果的なエネルギー源となるので含まれているからといって毛嫌いすることはありません。
なんでも、摂り過ぎは良くないという点と、安いとはいえ何が多量に含まれているのかとゆうことを意識しながら食品を選ぶことが大切かと思うので、豆知識として頭の片隅においておくとプラスになると思います☆

 

 100円アイスが毎日の習慣になっている方は、少しコストはあがってしまいますがラベル表示に「アイスクリーム」と明記されているものを
頑張っているご自分へのご褒美として頻度を減らして買ってあげることで、よりいっそう美味しく!気持ちもカラダも満たされるのではないでしょうか^^♪

 

※最近話題のココナッツオイルも実は「飽和脂肪酸」です。なぜダイエット効果があると話題になっているのか、、次回へつづきます~

 

吉村

 

                                                      __ 2

PAGETOP